Search
Search Menu
合宿免許は友達同士やカップルでの参加も楽しいものです。自動車教習所が企画する合宿企画を検討して、いるものと費用とを事前にチェックしておくのが、皆で楽しく面白く免許取得をするコツです。

良い合宿にするには、まず、合宿に参加したい友達や恋人同士で、気に入った合宿企画を探すようにしましょう。同じ自動車学校の合宿教習でも、プランやコースによって費用がいくらかかるかが異なります。また、宿泊先がリゾート地になっている自動車学校でも、観光ツアーの無料参加等の特典に違いがありますので、自動車学校が発信する情報は細かく目を通しておくべきです。

宿泊先がホテルであったり、近所にショッピングモールがあったりする場合は、いるものを現地で調達する事も簡単です。ただし、現地調達しにくいものや、専門店でなければ販売していない物等は、自分で用意して持っていく方が無難です。自動車学校によっては無線フリースポットを完備している場合もあるので、選択した自動車学校やプランによっては、ノートパソコン等を持って行くのもおすすめになります。

合宿免許 くりっく




合宿免許所を使った人だけがわかる合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許所と自動車学校の違いは通う頻度が少ないことです。
通常は、免許取得まで半年から一年近くかかることもあるのですが、合宿免許所の場合には一週間から二週間程度で取得できることになっています。
都心でも合宿免許所はあるのですが、どちらかというと郊外になるのが多い印象です。
私が利用したのも郊外で旅行気分で免許を取得することができました。
免許取得までの流れとしては自動車学校との違いはほとんどなくて、教科学習と技能学習を期間中に詰め込んで学ぶだけのことです。短い期間でとる事が出来る一方で、一日に学習する時間が多いのも合宿免許のデメリットと言えるでしょう。

普段から学習する癖がついている大学生などは良いのですが、勉強から遠ざかっている社会人の人の場合は授業によっては「つらい」と感じるかもしれません。
一方で、合宿免許のメリットとしては一緒に学ぶ仲間と悩みや疑問点などを共有することができること、毎日やることで技能のスキルが上がるのが早いことなどです。
わからないことを先延ばしにすることなく、講師や仲間に聞けることで先に進む事が出来ました。
繰り返し学習しているので忘れることもありません。
私が利用した宿泊施設は、食事に関しては最初からついているということではなくて、希望があればお弁当を頼めるという感じでした。

合宿免許所の近くにコンビニエンスストアやスーパーなどがあるので、そちらを利用する人が多いからかもしれません。私もコンビニエンスストアを利用していましたが、食費が含まれていない分、全体に支払うお値段も安くなっていました。宿泊施設は古い建物でしたが個室で男性と女性がフロアごとに分かれているので防犯面においても安心でした。
交通費は現地まで自腹でしたが、合宿期間中に免許を取得することができない場合にでも「保証制度」があるので、無料で延長することも可能です。「合宿」と名がつくようにみんなで年齢を問わずワイワイとしながら免許を取得でいたことがよかったです。

私は、特に利用者の口コミなどを参考にすることなく、たまたま、学校においてあったパンフレットを見て決めてしまったのですが、合宿免許先の選び方としては後悔のないようにサイトなどを閲覧して吟味してみるのもよいでしょう。
アルバイト代をためて合宿免許に行ったのですが、いろいろな人と知り合う事が出来て、様々な話をすることで人生経験まで豊富になったような気がします。